険しい試験も、風俗の体験談を読んでいれば、余裕です。今からまた、体験談を読みながら次の試験会場へ向かいたいと思います!

風俗×風俗~俺はトリプルハンターだ!~

騎乗位スマタをマスターしてもらった

プレイ代金の支払いを済ませ、他愛もない時事トークで入浴プレイへと入ります。デリヘル嬢のオールヌードを見て、プロポーションの良さを確認します。Cカップでも、スレンダーで腰がくびれていれば大きく見えるもんですね。というか、ふた昔前まではCカップは十分巨乳の部類だったのですよ。バスタブで触りっこをして、そこそこ2人の雰囲気が盛り上がったところでベッドへ移動します。照明を少し落としてからのプレイスタート。女の子はまだまだ経験が足りないのか、おぼつかない攻撃でしたが、ちゃんとポイントは押さえているのが偉いところです。一つ一つのプレイは丁寧で、肛門舐めのときは手コキをずっとされていたので、波がきて発射するところでしたが、なんとか耐えました。というのも発射は騎乗位と決めていたのですよ。女の子もしたことがないといっていたので、勉強のためにも教えておかなければという先生のような心境ですよ。飲み込みが早いですからね。騎乗位のスマタも問題なく、こっちも気持ちよく発射できました。
宇都宮のデリヘル嬢はここで探すのがいいですよ!
http://ranking-deli.jp/12/area72/

忘れかけていた何かを思い出した

デリヘル嬢が来たので軽く挨拶をして料金を支払ってお店にインコールです。「時間がもったいないから、お湯入れながら電話しちゃいましたぁ」基本はできている女の子です。「お湯って、思ったよりすぐ溜まるんですよ~最近の水道って水圧が高いですからね~」なんて、何年も前の話をしていますけど、今でも水圧の低いホテルなんかもありますから、水圧に関しては地域性がかなりありますね。まあ歓楽街なら水道は生命線なのでどこも水圧は高くなってるでしょうけど。服を脱いでシャワールームへ。ちゃんと、ボディソープを自分のおっぱいにつけて抱っこスタイルで背中を洗ってるのを見てこの子は気立てもよくてサービス精神も旺盛だからいいんじゃない??なんて個人的に思いましたよ。恐らく新人を抜け出たくらいの状況で、まだまだ初々しさが残っていて、なおかつ一生懸命さが好感できますよ。フェラチオがとても丁寧で基本に忠実だから何か忘れかけていたものを思いだしたような気がしました。

フィニッシュは最初から決めていました

自称ですが20代前半のデリヘル嬢で、着ている服がこなれていて、ファッションセンスの良い女の子でした。淡いブルーのブラウスがとってもよく似合っていますよ。ネットでの多少の過激な画像とはギャップがありました。挨拶とプレイ代金の支払いを済ませて、まず聞いてみたのは「プロフの画像はなんで、あんなに大胆なの?」と聞くと、女の子は…。「店長が『君はおケツがセクシーなんだから撮ってみよう』って言ったんですよぉ」と恥ずかしそうに答えてくれました。デリヘルですから、プロフの画像だけが頼りだし、こうして私みたいに釣られる客もいるから、それはそれで店長に一日の長があったということですね。入浴はフルアシストで綺麗に体を洗ってもらって、バスタブでいじりまくりです。それからベッドイン。スタッフの説明では受け身と聞いていたので、こちらはSモード全開で攻めることにします。まずは恥ずかしいM字開脚ですね。ここでまずはおまんこ臭を堪能します。臭くないので合格というか若い匂いですね。そこからまんぐり返しで肛門舐めから、濡れてきたので、正常位スマタでフィニッシュしました。